発毛に効果があるたった2つの成分

ikumou 発毛

発毛と脱毛抑制の2つの成分

結論からお伝えすると発毛効果は「ミノキシジル」、脱毛抑制は「フィナステリド」という成分です。

知っている方は「むしろこれ以外ないでしょ!」と思うほど当たり前の成分です。

 

ただし注意点があります。

それはその成分をググろうとするとほぼ100%の確立で出てくる

「副作用」「罠」「闇」といったネガティブな検索履歴も一緒に出てくるということです。

「薄毛に悩む人」が「減らないこと」により誰が一番得をするか?

頭髪における市場は国内で年間4400億円と言われており、かなり大きい市場です。

現在、薄毛に対して対処をしている日本人男性は500万人いるといわれています。

とすると年間で一人当たり88,000円です。

年間にこれだけかけてるのに頭髪に悩む人が減っていない。。

そして何よりそういった状況を一番喜ばしく思うのは

効果のない頭髪ケア商品を製造販売しているところだということ。。。

。。。恐ろしい状況です。

僕が試した効果がなかった育毛法

某大手薬局チェーン等で販売されている「○○トニック」「薬用成分シャンプー」等色々ありますが、

「発毛」で効果があるものは一切ありません。

頭皮の衛生面をよくするためにシャンプーをすることは大切ですが、毛の増加は見込めません。

 

よくTVやCMでも

「これだけ毛穴に詰まってます!これがすっきり!」とか

「特許取得?の育毛法」とか

宣伝されていますが、本当に効果があるなら日本で薄毛に悩む人は皆無になってるでしょう。

書いてる著者もそれに乗っかってしまったうちの一人です。

最近だと月額3万円で医療用の発毛が行える場所があるみたいなのですが、

ぶっちゃけなかなか高い。。。

病院病院で処方されるけども。。。

これまたぶっちゃけなかなか高い。。。

成分の安全性、危険性

ミノキシジルに関してはもともと「血圧を下げる」薬として利用されていたため、

利用する際は一度、病院でAGA治療の際に医師に相談することは大事かと思います。

 

フィナステリドは前立腺肥大の薬として販売されていましたが、男女ともに脱毛抑制効果があったため、

こちらも医師に相談することをお勧めします。

 

「医療機関で処方される成分」が入って、なおかつもっと「安く」に!

という方はこちらからご購入頂けます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました