マスタープラン

仕事術

マスタープラン

夢は見ているだけでは叶わない。

諦めない方法

夢=非現実なもの

ゴール=目的地(夢より現実的)

目標=ゴールと同じ目的地

 

夢を追いかけるのではなく、現実的なゴールを求める。

7年後に達成したいゴールを設定する

例:7年後資産一億円

1年後起業する

今月の目標起業家に会う

今週の目標起業家に連絡する

今日の目標起業家について調べる

 

全ての目標が7年後に向かっているかを確認する。

計画がわかっている

①具体的かどうか

NG:お金持ちになりたい

OK:一億円稼ぐ

②実行可能かどうか

「宝くじに当たる」など狙ってできないものはゴールにしない。

③現実的かどうか

無謀なゴールを設定しない。

 

②日記をつける

朝日記、新しいアイディアが生まれる

行動の進捗を目視で確認する。時間や予定を見積もれる。

学んだことを日記に書く。

 

早起き

起きられないのを意思のせいにしない。

部屋を真っ暗にする。

朝起きたら光を浴びる。

運動をする。

 

時間の使い方をじっくり考える必要がある。

 

意思だけでは目標達成は出来ない。

意思の力ではなく習慣の力を使う。

将来の成功のことだけを考えない。

行動が最も大事

計画と行動継続を行う。

一日中忙しくする。

 

協力者を探す。

これを人に任せられないか?

これを半分の時間で終わらせられないか?

 

成功する人は物事が勝手にうまくいくと思っていない。

 

モチベーションを待たない。

行動からしかモチベーションを生み出すことが出来ない。

今すぐに動くことが大切。

 

良本を選ぶ

本を早く読む(目次、読みたい項目を選ぶ、読み終わったら、24時間以内に実行する)

 

25:25:50の法則

25%勉強して、25%勉強した内容で成功している人を観察して学び、50%行動する。

コメント

タイトルとURLをコピーしました